基本信息

 

 

姓       名: 吴琳

职       称: 讲师

学       位: 博士(文学)

研究方向: 日语语言学

 

联系方式

 

西安交通大学外国语学院日语系

 

地    址:陕西省西安市碑林区咸宁西路28号

办公室:逸夫外文楼A910

邮    编:710049

电    话:029-82668687

邮    箱:wulin2017@mail.xjtu.edu.cn

               gorin0819@hotmail.co.jp 

站点计数器
研究领域

教育经历:

2014.4-2017.3    北海道大学文学研究科言语情报学       博士

                          【2013年国家留学基金资助出国留学人员】

2009.4-2011.3    北海道大学文学研究科言语情报学       硕士

2004.9-2008.6    湖南大学外国语学院日语系                 学士

 

学术专著:

吴琳,《基于语料库的日语惯用语研究》(『コーパスに基づく日本語慣用句の研究』),西安:西安交通大学出版社,2018。

 

学术论文:
[1] 呉琳(2017)「日本語の慣用句に関する研究の概観」『日中語彙研究』第6号愛知大学中日大辞典編纂所 pp.87-105

[2] 呉琳(2016a)「新聞記事における基本慣用句の様相」『跨文化交際与日語教育』黒竜江人民出版社 pp.82-97

[3] 呉琳(2016b)「BCCWJを用いた基幹慣用句の選定」『研究論集』第16号北海道大学大学院文学研究科 pp.99-113

[4] 呉琳(2016c)「BCCWJにおける慣用句の使用度数と意味分野」『語彙研究』第13号語彙研究会pp.43-50

[5] 呉琳(2016d)「慣用句『鳥肌が立つ』の使用実態調査―近現代の用例を中心に」『日中語彙研究』第5号愛知大学中日大辞典編纂所 pp.47-72

[6] 呉琳(2016e)「コーパス利用による慣用句意味記述の有効性」『応用日語教育展望未来的創新策略―創系20周年記念研討会大会論文集』銘傳大学応用日語学系 pp.60-67

[7]    呉琳(2016f)「副詞『まんじり』の通時的考察」『Japanese Language Variation and Change Conference 2016 「再考 ことばの時空間」』国立国語研究所時空間変異研究系公開研究発表会予稿集 pp.15-24 

[8] 呉琳(2015a)「<足を洗う>という表現が語る言語変化―コーパスによるアプローチ」『言語文化教育研究』第13巻言語文化教育研究会 pp.134-148

[9] 呉琳(2015b)「新聞記事データベースを利用した『鳥肌が立つ』の使用実態調査」『研究論集』第15号北海道大学大学院文学研究科 pp.93-108

[10]  呉琳(2014a)「身体部位詞の多義性とその習得―視覚器官<目>の日中対照を通して」『言語文化教育研究』第12巻言語文化教育研究会 pp.187-197

[11]  呉琳(2014b)「類義の慣用句に関する意味分析―『怒り』を表す中日慣用句を例に」『漢日語言対比研究論叢』第5輯北京大学出版社 pp.187-200

[12]  呉琳(2013)「『怒り』を表す慣用句の使用頻度の中日対照」『漢日語言対比研究論叢』第4輯北京大学出版社 pp.244-259

[13]  呉琳(2010)「アンケート調査からみた『怒り』を表す慣用句の使用頻度―中国語と対照しながら」『日本語文学』第47輯韓国日本語文学会 pp.141-157

[14]  Lin Wu(2016)Frequencies and Semantic Category Distribution of Idioms in Japanese, Journal of the Graduate School of Letters, Vol.11, Hokkaido University, pp.75-82